サイケデリック・サスケのブログ
ユーチューブドラマの紹介、書評、雑感、しっかり役立つ耳寄りな話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
6 医龍2 Team Medical Dragon(ネタバレあり)
6 医龍2 Team Medical Dragon(ネタバレあり)

・データ
 2007年10月11日より、フジテレビ系で22:00~22:54に放映
 第1回は2時間の拡大版
 2006年4月に評判を呼んだ『医龍 Team Medical Dragon』の続編である

・キャスト
 主演は坂口憲二、他に佐々木蔵之介、北村一輝、水川あさみ、夏木マリ、岸部一徳、小池徹平、池田鉄洋ら

・内容

?原作は、『ビッグコミックスペリオール』(小学館、2002年より)連載のマンガ(永井明原案、吉沼美恵医療監修、乃木坂太郎作画)
 原案を担当した永井明は東京医科大学出身の元医師、医療ジャーナリスト(代表作に『僕が医者をやめた理由』がある)
 永井は肝臓がんのため2004年7月7日に亡くなっている

?マンガの内容は現代の医療に救う様々な矛盾を
天才的外科医朝田龍太郎(ドラマでは坂口憲二が演じている)と
その医療スタッフであるTeam Medical Dragon(ドラマでは小池徹平、阿部サダヲ、佐々木蔵之介、水川あさみらが演じている)が
解決するというもの
 ドラマは原作に忠実な内容となっている
(ただし、夏木マリが演じる救急救命科教授は原作では男、稲森いずみが演じる外科助教授も原作では男であったが、ドラマでは変更されている)
 
?横柄な坂口に最初は反発しながらも
小池徹平演じる青年医師が医師として成長を遂げていく
というのがサブ・ストーリーとなっている
 なお、『医龍2』はマンガとはまったく別個のオリジナル・ストーリーとなっているらしい

・見所

?今回から内田有紀が登場し謎を秘めた女性としてドラマの進行の上で重要な役割を果たす
 第1回で内田は最初医療ジャーナリストとして、明真大学を取材する役として出て来たが
 第1回の最後にチームメディカルドラゴンの再結集を呼びかけた謎のメールの発信者だったことがわかる
 内田は実は医療ジャーナリストという表の顔とは別に外資の手先として
(あるいは自分がマネージャーとして力を持っているのかもしれない)
経営が乱脈な病院を買い叩き、その医師を他の病院に売りつけ
病院の不動産を売却するという別の顔を持つ女性であった

?内田のこうした謎めいた役割が内田のふんわりとした外貌とあいまって
ドラマにひねりを加えている

?今回坂口憲二は
りょうにバチスタ手術(肥大した心臓を小さく切り揃える手術)と
その子である新生児にHLSI手術(心臓の欠陥を補完する手術か)を施す
神業を演じている

?坂口は主役なのだが
実際の主役は小池徹平という感じがする
坂口は大根役者(といえば本人は嫌がるだろうが、演技が一本調子でふくらみがない)なので
ぶっきらぼうな朝田龍太郎ははまり役だが
坂口だけだと単に天才的外科医の自慢話になってしまうからである
小池徹平のナイーブな演技があってこそこのドラマは持っているような気がする
(このドラマは坂口が死んでも成り立つが小池が死んだら成り立たなくなってしまうドラマである)
 
・その他

?今回のドラマの発表記者会見で坂口憲二がドラマについて感想を聞かれ
「別に・・・」
 と答えて笑いを得ていた
(同時期に『クローズド・ノート』でぶっきらぼうな会見を開いて反発を買った沢尻エリカの態度をまねたものらしい)

?第1回で稲森いずみの後任として来た無能な外科の教授として板尾創路(いたお・いつじ)が出ていた
 この人はいつもこんな役である(『空中庭園』ではダメな浮気性の父親役として小泉今日子、鈴木杏らと親子を演じていた、以前不祥事を起こして逮捕されて以来この人はこうした役柄を演じることが定着してしまったらしい)

?チームメディカルドラゴンに入れずに小池徹平らをうらやましがる医師として池田鉄洋が出ている
 この人はこのドラマが奇妙に正義感に凝り固まったNHK的ドラマにならないようにブレーキをかけてくれる重要な役割を果たしていると思う

?りょうは自己中心的で美しい患者をうまく演じていた
 この人は『愛し過ぎなくてよかった』(内館牧子脚本)で東山紀之を相手にヒロインを演じていたが、最近では『サプリ』などに出ている
 主役よりも脇役で輝く道を選んだのだろう

・評価

?医療ドラマとして硬派な内容だが、コミカルかつ人情味あふれる家族みんなで楽しめるよいドラマである

?100点満点で80点というところか
 減点したのは、ユーチューブが途切れて見にくかったことが理由である
 それに2時間は長過ぎると思う
 せいぜい1時間20分が限度である
 さらに外科手術の手際があまりに良すぎるのでうそ臭い
(まあそこがいいという人もいるだろうが
 もっと地に足のついたドラマにするといいと思う)

・視聴方法

 私はパンドラTV(http://pandora.tv/channel/prg/embed_view.asp?ch_userid=jjh5738&id=8869525)というユーチューブで見ました

・コマーシャル






スポンサーサイト
【2007/10/15 09:13】 | ドラマ | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<雑感 その6 いじめ | ホーム | 雑感 その5 東京の冬と夏>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://psychedelicsasuke.blog82.fc2.com/tb.php/19-a6c16926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
11人いる!『11人いる!』(じゅういちにんいる!)は、萩尾望都の中篇サイエンス・フィクション漫画。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL このマンガが読みたい!【2007/10/15 21:31】
| ホーム |
プロフィール

サイケデリック・サスケ

Author:サイケデリック・サスケ
FC2ブログへようこそ!

ドラマ評を中心としたブログです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あし@

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。