FC2ブログ
サイケデリック・サスケのブログ
ユーチューブドラマの紹介、書評、雑感、しっかり役立つ耳寄りな話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
雑感 その23 小沢さん2
雑感 その23 小沢さん2




写真は小沢さん

「「党まとめてほしかった」「辞任は当然」小沢氏に街の声
(読売新聞 - 11月04日 22:33)
 民主党の小沢代表の辞任表明を伝える読売新聞号外が4日夕、東京・銀座の数寄屋橋交差点などで配られた。

 観光で銀座に来ていた鹿児島市の無職、馬場行雄さん(73)は、海上自衛隊の給油活動を継続することに賛成の立場。「そもそも民主党の主張は現実的でなかった。国の行く末を考えたら連立政権で現実的な妥協点を探る必要がある」と話し、「小沢代表にはもっとねばり強く交渉し、党内をまとめてほしかった」と表情を曇らせた。

 東京都杉並区の介護福祉士、藤崎香南子さん(32)は「参院選では『自民党と対決して生活を大事にする』と主張した民主党に1票を投じた。半年もたたないうちにその自民党と手を結ぶというのは国民をバカにしている。辞任は当然だ」と言い切った。江戸川区の会社員、伊藤宏美さん(28)は「連立交渉も大事だと思うが、小沢さんは参院選の時に主張したように、もっと生活に目を向けるべきだった」とため息をついた。」

「党首会談で「小沢副総理」一度は合意、17閣僚の配分も
(読売新聞 - 11月05日 03:02)
 福田首相(自民党総裁)と民主党の小沢代表の党首会談で、民主党が連立政権に参加した場合、小沢氏が副総理格の無任所相に就任することで合意していたことが4日、明らかになった。

 両党首は連立政権の17閣僚の配分を自民党10、民主党6、公明党1とすることでも合意、「大連立」を前提に話し合いが行われていた。

 関係者によると、2日の党首会談では、民主党に割り当てる閣僚ポストとして小沢氏の副総理、国土交通相、厚生労働相、農相が挙がったという。副総理は内閣法に法的な位置づけはなく、あらかじめ首相臨時代理に指名された閣僚を指してきた。政府は、首相臨時代理を組閣時に5人指名しているが、臨時代理順位の1位を無任所相の小沢氏とする方針だったと見られる。」

続報である
小沢さんは副総理(無任所担当大臣)として
民主は6、公明1の大臣枠も決めていたらしい
そもそも連立は小沢さんから持ちかけたものらしい
小沢さんは
不動産関連の資産で
追及されていたから
このまま代表を続けていくのも大変だったのではないだろうか
連立すれば自民からの追及は下火になる
そんな思惑があったのかもしれない
しかし小沢さんが
マスコミ批判をしたのには驚いた
佐藤首相も政権の最後に
新聞は出ていけテレビだけ残れ
といって
誰もいない記者会見をしていたのが記憶に残っている
(その頃僕は子供だったので後で何かで見た記憶だが)
小沢さんほどの政治家
(優れた政治家という意味もあるが
長年政治家をしてきたベテランという意味でもある)
でも
自分に対する批判
(小沢さんのコメントは
連立を自分から持ちかけたとする報道について
なされたもの)
には傷つくのだろうか
いずれにせよ
バカげた騒ぎだった







スポンサーサイト
【2007/11/05 11:11】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<しっかり役立つ耳寄りな話 その17 不動産選びに便利な物件調査隊「ミテクル」 | ホーム | 雑感 その22 小沢さん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://psychedelicsasuke.blog82.fc2.com/tb.php/76-acdbb129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

サイケデリック・サスケ

Author:サイケデリック・サスケ
FC2ブログへようこそ!

ドラマ評を中心としたブログです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あし@

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。